飛行機

「用紙代や人件費などのコストを削減する狙いがある」も良いですが、運賃も安くなるような方法も考えてください。

全日空、国内線で紙の航空券全廃へ ケータイで搭乗も
全日本空輸は29日、年内に国内線全50空港で搭乗手続きの電子化態勢を整え、紙の航空券を全廃すると発表した。予約情報が入力されたIC機能付きの携帯電話やマイレージカードなどを保安検査場や搭乗口に設置された読み取り端末にかざすだけで搭乗できるようになる。

 乗客の利便性を高めるとともに、用紙代や人件費などのコストを削減する狙いがある。対応する携帯などを持たない乗客は、空港などで発行されるバーコードが印刷された専用の用紙で搭乗手続きを行う。





2003年に、慣れ親しまれてきた「全日空」の呼称から「ANA(エー・エヌ・エー)」への呼称を統一しイメージ転換を図り、機体の塗装から「全日空」のロゴを外し「ANA」に変更しているが、一般的に「ANA(アナ)」と呼ばれることが多く、「エー・エヌ・エー」と呼ばれることは多くない。

これについては、「全日空」が中国語で「一日中空っぽ」という意味で縁起の良くないからという説もあるが、中国路線へのビジネス顧客獲得によるシェア拡大を真摯に考える同社としては、さらにグループ会社との便名統一や、航空業界における競争に打ち勝つ国際的企業イメージの構築をふまえて、ANAへと呼称変更されたと考えるのが妥当と見える。しかしながら国際的な知名度は依然低い。また各局の報道番組などでも「全日空」の呼称が未だに浸透している。




なお、卓球の中国スーパーリーグで福原愛選手が所属する遼寧省チームのユニフォームやANA北京国際マラソンのゼッケンには漢字で「全日空」の文字が入っている。

同じ2003年には、TBS系のテレビドラマ「GOOD LUCK!!」の舞台になった事で、よりイメージアップになった。

また、塗装関連では、「マリンジャンボ」を皮切りに現在の「ポケモンジェット」にいたる特別塗装機の就航など他社に先行したアイデアで世間の注目を集めた事もある。

これらのイメージ転換の一環として、2005年5月には十数年ぶりに客室乗務員、地上職員などの制服を一新した。この制服の一新は数年前に一度企画されたものの、経営状況の悪化から一旦中止されていた。

また、「あんしん、あったか、明るく、元気」をスローガンにANA全体の環境をよりよいものにしようと、実施している。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。